postheadericon 料金

両手パーの女性

キャバクラ、セクキャバ、ガールズバーではそれぞれ設定されている料金システムが異なります。

キャバクラ、ガールズバーでは、セット料金と、指名料、ドリンク代の合計料金を支払います。
キャバクラのセット料金は、店舗によって変わりますが、平均で60分=7,000円程のセット料金がかかります。
指名料は、約3,000円で利用出来ます。
ドリンク代についてですが、これは自分が呑むようのドリンクと、キャバクラ嬢が呑むドリンクの両方のドリンク代が負担となります。
ドリンクは1杯=約1,000円前後です。 ハウスボトルなどが用意されているキャバクラ店舗であれば、自分のドリンク代は無料で抑える事が出来ます。
ガールズバーであれば、60分でセット料金が約3,000円程です。
セクキャバは、30分で約4,000円のサービス料金で利用できます。

postheadericon メリット

後ろ向きの女性

キャバクラ、セクキャバ、ガールズバーでは利用するにあたってそれぞれメリットがあります。

キャバクラの最大のメリットといえば、容姿のレベルが高い女性と会話が出来るという点です。
普段、生活していてキャバクラ嬢のような女性と会話をするという事は滅多にありません。合コンなどをセッティングしても、容姿のレベルが高い女性と出会える確率も低いです。
キャバクラでは、店舗まで足を運べば、レベルの高い女性ばかりが接客をしてくれます。
次に挙げられるメリットといえば、割り切った関係で楽しむ事が出来るという点です。
既婚者、家庭をもった男性は、なかなか違う女性とマン・ツー・マンでお酒を呑む機会がありません。
妻とは違う女性と外でお酒を呑んで知り合いに見つかってしまった場合は、その人に対する印象も悪くなってしまい、家庭にも大きな影響を与えてしまいます。
これは、家庭持ちである男性に限らず、彼女がいる男性に対しても同じ事が言えます。
キャバクラというお店を通じていれば、割り切った関係で女の子と会話を楽しむ事ができ、周りに与える印象も比較的抑える事が出来ます。

セクキャバもメリットとなる部分はあります。
セクキャバのメリットといえば、やはりお触りが出来るという点ですが、その他にもサービス料金が安いというメリットがあります。
セクキャバは、お触りありで、女の子の胸を揉んだり、舐めたりできるサービスではあるものの、性風俗業界の中ではサービス内容がソフトであるため、安価でサービスを受ける事が出来ます。
逆に、セクキャバの方が、サービス料金を安く抑える事が出来ます。
その代わり、サービス時間というものは、短く設定されています。

postheadericon 魅力

目をつむる女性

キャバクラ、ガールズバーは、ともにお酒を呑みながら女性と会話をして楽しむ所です。
ガールズバーでは、単純に会話を楽しむ所として利用し、キャバクラでは会話だけではなく、カラオケやゲームをしながら楽しむ所として利用します。
ガールズバー、キャバクラともにサービス内容は充実しており、満足に楽しむ事が出来ますが、女の子へのお触りは禁止になっています。
お酒を呑みながらの会話となるので、男性であればムラムラしてくるのは当然の事です。
しかし、呑み過ぎたからといってお触りをしてしまっては、お店から退店を命じられてしまいます。
多少のお触りであれば、キャバクラ嬢も許容範囲として流れていきますが、あまりにも頻繁にお触りをしてしまったら、スタッフの方に注意を受け、サービスが途中で終了させられてしまいます。
最悪の場合は、出入り禁止になってしまうので、十分に注意が必要です。

このお触り禁止を解放させたサービスとなるのが、セクキャバです。
セクキャバは、「セクシーキャバクラ」の略語で、お触りが許されたキャバクラになります。
サービス内容は、キャバクラと似たようなもので、「セクキャバ嬢」と呼ばれる女の子が同じソファーの隣に座り、お酒を呑みながら会話を楽しむといったものです。
ここまでは、一般的なキャバクラと一緒ですが、ここからセクキャバならではのサービスが始まります。
お互い、軽く会話を済ませたら、セクキャバ嬢は上半身の衣類を脱いでいきます。
衣類を脱ぐ際には、お客様の膝の上にまたがって脱ぎます。
衣服が脱がれたら、お客様は胸を揉んだり舐めたりして、お触りを楽しんでいきます。
胸を触る、舐めるだけではなく、セクキャバ嬢とのキスも楽しむ事が出来ます。

キャバクラやガールズバーでは実現できなかったお触りというサービスをセクキャバで味わう事が出来ます。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930